ヘリオケアという飲む日焼け止めが話題

ヘリオケア

飲む焼け止めとして、ヘリオケアが話題になってますね。元々美容クリニックで処方されていて、「さんまのほんまでっかTV」で放送されてから、益々話題沸騰のようです。

 

その効果は確かなようですし、成分は中央アフリカに自生しているシダ植物の1種で他にはビタミン類やルテイン、リコピンなどなので、副作用の心配のないサプリメントです。

 

デメリットがあるとすれば、日本人の女性にとってはびっくりするほどのカプセルの大きさです。飲み続けている人でもなかなか慣れないようですよ。そして、輸入品なので関税などが掛かってしまって、コストパフォーマンスの悪さが気になります。

 

1瓶に30錠入っていて、価格は6,000円〜7,000円です。1錠で効果のあるのは4〜5時間なので、日照時間の長い夏場は1日に2錠必要となるので10,000円程度掛かってしまいます。これはちょっとイタイです。

 

ヘリオケアのデメリット

◎日本人には慣れない粒の大きさ
◎関税が掛かるので高価になってしまう

 

ヘリオケアではなく、ホワイトヴェールで焼かないという選択

ホワイトヴェール

美容先進国ではもう常識の日焼け止めサプリ。モデルの皆さんにとっても常識となっている、新しい紫外線対策サプリが、日本でも新発売されました。
ホワイトヴェールです。

 

2016年注目のサプリとして、いろいろな雑誌で取り上げられていますね。実は、私も雑誌で知りました。

 

私は人一倍日焼けし易くて、一度日焼けするとなかなか白くならないという体質なので、こんな飲む日焼け止めがずっと欲しかったんです。今まではビタミンCをできるだけ多量に摂るという程度の努力しかできなかったんですが、今年はこんな素晴らしいサプリが出たので嬉しくて仕方ありません。

 

ホワイトヴェールは日本人の体質に合う、日本人向けに作られた日焼け止めサプリなので、私の期待にも応えてくれるはずです。

 

去年までは飲む日焼け止めというとヘリオケアしかなかったので、それこそヘリオケアの独壇場だったんですよね。ホワイトヴェールはヘリオケアを追う形で作られましたが、新製品なので、おそらくヘリオケアより効果は高いのではないかと、勝手に想像しています。

 

どんな商品であっても、後出しジャンケンでも、後から出た方が優位な場合が多いですもんね。ホワイトヴェールを作る段階で、ヘリオケアを越える商品になる様、きっと頑張ったはずですから。

 

では、ヘリオケアとホワイトヴェールの比較表を作ってみましょう。

ヘリオケア ホワイトヴェール
1瓶30粒入り、1日必要量2粒(大粒)

1粒で4〜5時間有効なので、2回飲む必要がある

1袋60粒入り、1日必要量2粒(小粒)

朝2粒飲めば1日中有効

1ヶ月分の値段:約10,000円 1ヶ月分の値段:約4,980円(定期購入時)
紫外線から肌を守る成分:FernBlock(中央アフリカで自生しているシダ植物の1種) 紫外線から肌を守る成分:NutroxSun(太陽の国スペインで研究された天然ポリフェノール)
ルテイン:瞳を守るサングラス効果 ルテイン:瞳を守るサングラス効果
美肌成分:リコピン、ビタミンC/D/E 美肌成分:クロセチン(色白成分)リコピン、ザクロエキス、オーガニックなビタミンミネラルの為のグアバ・アムラ・レモン・ホーリーバジル

ホワイトヴェール

どうでしょうか。
やっぱり後出しジャンケンというのはちょっとずるい感じもありますが、ホワイトヴェールの方が勝ってますよね。日本製というものは、ユーザー目線で考えてくれて、サプリメントにおいても小さな心配りがいっぱい!っていうところが嬉しいですね。

 

⇒飲むだけ簡単!人気モデル愛用中の太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】